Redesign the local

女性がお買い物の8割を決める

こんにちは!
COTOYUSWEETS経営
オンラインセールスに特化した地方創生イノベーター
小値賀布美華(おじかふみか)です。

さて、質問です!
あなたのビジネスのお客様は、女性ですか?
男性ですか?

男性だとして、実際に購入にOKを出すのが
パートナーという場合はありませんか?

ここで最初に共有しておきたいのですが

消費の8割に
女性が関与している

という、重要すぎるデータがあるんです笑

つまり、お買い物の決定権は
女性が握っているってこと。

ちょっと百貨店やショッピングモールを
思い出してください。
メンズフロアと、レディースフロアの配分
1:4くらいですよね。
ドラッグストアにしても
メンズグッズとレディースグッズの配分
1:4くらいですよね。

オフラインのセールスでも
オンラインのセールスでも実は

8割が女性向けに
展開されています。

そして、もう1つ補足すると
同じ所得で比較しても男性より女性の方が
消費金額が高いことも分かっています。
これは別記事にしますが
女性にはお買い物脳と呼ばれるものがあるんです。

さて、次の質問です!
あなたのサービスに対して
・サービスの良さが伝わってない?
・思ったように売上が伸びないな
・価格がよくないのかな?
・ニーズがなかったのかな?
・広告の打ち方が悪かったのかな?
なんて疑問を持ったことはありませんか?

実は、そこに抜け落ちている視点が
女性心理へアプローチする販売戦略だと
知らない方が、驚くほど多いんです。

まずは

女性への販売戦略をとらないものは
売れにくい、という

「事実」を知ること

そして次に重要なのが

女性の心をつかむ
伝え方が必要なのにも






‼︎

男性の心をつかむ
販売戦略やってます!

と、知ることです。


これも、サービスを提供する側が
女性のお客様にどんな「特性」があり
どんな「情報」を求めているか
どんな魅せ方をしたら
ストレスなく受け取れるのか
しっかり理解していないから、が原因です。

サービスを提供する側が「伝えたいこと」と
サービスを受け取る側が「知りたいこと」に
ギャップがある、と知ることです。

わたしがオンラインセールスの中でも
「女性の心をつかむ」オンラインセールスと
明確にする理由は
データに基づいて
それが必要だと分かっているからですし
そうやって専業主婦からの起業で
生産体制が追いつかないほどの
売上を作ってきたからです。笑

楽天ランキングにもよく入る桜のタルト♡

いいサービスはたくさんあります。
でも、女性の心に届くセールスが組み込まれていないことで
伝え方が整ってない場合もとても多いです。
伝え方1つで、売上が桁違いに変わることもよくあります。

あなたが持っているサービスは素晴らしくて
必要としてるお客様は確かにいて
ただ、知識が足りないだけで
素晴らしいサービスが世に広まらないなんて
本当にもったいないこと。
だけど、サービスの質を向上させることも
価格を見直すことも大事ですけど
お客様がどんな人なのか
どう伝えたら、伝わるのか
ぜひ、知っていただきたいと思ってます。

わたしもそこにたどり着くまでに
たくさんのトライ&エラーを繰り返して
検証しては、改善して
経験が糧になり、知識に変わりましたので
ぜひ使っていただけたらと思います!

あなたのサービスが本当に必要な人に届いて
喜ばれることになりますから^^

関連記事

PAGE TOP