ブログ

そのままの自分の言葉で伝える。わたしが間違ってたこと。


こんにちは!
COTOYUSWEETS経営
オンラインセールスに特化した地方創生イノベーター
小値賀布美華(おじかふみか)です。



地方で専業主婦で
当時、2歳と0歳の子供を育てながら
知識も、経験も、資格も、何もなくて
【絶対にやる。できる】って
それだけが決まっていた
当時の自分を丸3年経った今
思い出すことが増えていて



奮い立たせるように、
何かに突き動かされるように
時々、うずくまっては泣きながら笑
【絶対にやる。できる。】
それだけは絶対に揺らがなかったなぁって
なぜだったんだろう?って
思うことが増えました。



結果、全部
愛情に支えられてたなぁって
最近、いろんな人と会い
信頼できる人に内側の変化を伝えていくと


ふみかさんは、普通の人が
通らない道を通って
知らない世界を知って
それを内に秘めてるから
あなたは本を書いたほうがいいとか


自分が過去にやってきて
成果を上げてきたものを振り返ったときに
言葉に触れて、とか
一貫したメッセージを受け取るから



どう思われるんだろう、とか
変に思われたくない、とか
自分を守りたい気持ちを取り払って
書いていこうって思います。笑



わたしがCOTOYUを立ち上げた時
いちばんに湧き上がった言葉が


「労わり、慈しみ、愛する」



そのための手段として
スイーツを作ろう、って思ったんです。
(もっと正確に言うと
スイーツにこだわってた訳ではなく
ここは完全にマーケットインの
ビジネス的発想で
SNSマーケの結果だったんだけど笑)



地方の良さを伝えたい、も
地方のものを全国に販路拡大したい、も
実は後付けでした。
だけど、そのそぎ落とされた
伝わるまっすぐさが
地方にはあったんです。



わたしが、平戸のことが大好きなのは
その清々しさかもしれない。
自分が作りたいもの
届けたいものを構成する成分が
目の前にあって
それをすくい上げてカタチにした感覚。
こうしたら最高においしい、って思って
その通りに作ったら
最高においしくできてしまっただけ。笑

一生に1度は食べて欲しい笑
MANGETSU



ただただ、誰かを
労って
慈しんで
愛すること
わたしにできる手段で
いちばん、求められたのが
スイーツだったんです。



だけど、今、
当時の自分を振り返って思うのは
いちばん愛されたかったのは
わたしだったのかも、ってことで



今は、なんてバカなんだろうって
思うんだけど
やっと最近
自分の行動がいかに
不整合だったかを認識するんです。笑



私たちは、事実をとらえず
認識で世界を決めてます。
見たいように
解釈したいように
世界を見てる。
愛された事実があっても
認識がそれを否定してると
現実は愛されてない、に
私たちの捉え方が変換されてくの。



親からの愛とか
パートナーからの愛とか
在るんですよ。確実に。
でも、無い、になるの。笑



自分の中の「前提」に
現実を曲げて、前提に合わせて
解釈するんです。
そうすると、その世界から抜けられない。



これはもう、自分で
気づくしかなくて笑
わたしは大事にされてきたし
愛されてきたし
護られてきたし
穏やかに生きてるだけでよかった。
わざわざ自分を追い込んで
苦しい想いさせなくて良かった。笑
自分は力がない、なんて思い込みだった。
すでに在るものを
ない、って決めつけて
力をつけてもつけても
ない、って見ないフリしてましたよ。笑



あとは、
例えばね
子供達のために、自分を変えたくて
自分の力で仕事を作れば
子供達に教えられるって思ったことが
起業した理由のひとつにあるんですけど




過疎地は教育的選択肢が少ないし
職業の選択肢も少ないから
自分でやりたいことを
仕事に変える技術を
体得して伝えたい、と思ったんです。




でも、今それを手に入れて思うのは
もっと根本的にシンプルに事実を見たときに
子供達はすでに幸せだってことで笑



大人の幸せの定義で
勝手にわたしががんばってただけで
子供達はもう、めちゃめちゃ幸せでしたよ。
生きてることをただ楽しんでた
大人になる過程の中で
幸せの定義に染まってっただけだったと
結果、自分の間違いに気づいたんです。笑



自然のすべてがそのままで
完璧に美しいみたいに
人だってそのままで美しいと思っていて
それは凛とした強さもそうだし
その裏にある泥臭さや
ずるさや
未熟さすらも
仮に、美しいとは言えなくても
愛おしいと思う



でも、その愛おしさと美しさの違いって
そんなに無いように思います。
愛おしいものは
可愛く、美しく見えるのが
人間でしょう?笑
美醜に関係なく
その人で在ることで
もう完結していいし
そのままでいいんだってこと。



ここへ来て、ただシンプルに
作りたいから、スイーツを作る
届けたいから、届ける
それだけでよかったんだ、って
気づけました。笑

欲張りに楽しみたいから
セレクトできるように
スイーツアソートは安定の人気。笑



技巧は色々あります。
たくさん知ってきたし
今も知ることには貪欲だけど
それは、ただ
知りたいから、知ろうとしてるだけ。
使いたいときに使えばいい
伝えたいときに、使えばいい
引き出したいときに引き出して
必要な人に渡せばいい
必要な人に、受け取りやすい形にして
渡していける自分になればいい。



ずっと自分から湧き出る言葉を
なぜか閉じ込めてきてたんです。
普通でいようとしてた。笑



でも、もう解放しよう、って
思えました。
インフルエンサー4.0の時代。笑
そのままで在ることに
気づいた人から
変わっていく時代なのかも。



泥臭くていいし
間違ってもいいし
不純でもいいし
失敗してもいいし
正しくなくてもいい



証明もいらなくて
ただ、流れるままに
この瞬間の幸せを味わうこと



それだけでよかったんだぁって
なーんだ、って感じ。笑



おいしいものは、おいしい。
丁寧に作ったものは
それが伝わる。
大切に作ったものは
誰かを温かくしてくれる。



もっと信じてよかったんだ。



今朝のTwitterは
ただそのまま呟きました笑



さ、D2Cのために
COTOYUのメディア
ちゃんと整えよっと!笑
大手モール出店もいいけど
地方に必要なのは
D2Cですからね!
技術は後付けに使うだけ!笑



流れるままに生きてても
誰かのためになるし
ふるさとが好きだと言う一貫性が在るから
何をやっても、そこに繋がっていく。
安心して、そのままでいます。笑



不足や欠乏感、寂しさで
奮い立たせている人に
伝えたい。
大丈夫ですよ、って。
でも、それは
迷っても、大丈夫、って意味でも在る。
そのプロセスからまた
知ることがたくさんありますからね^^



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP