ブログ

「知らないものは怖い」もの。失敗の概念を捨てて、小さな一歩を楽しむ勇気。

こんにちは!
firando経営
地方創生デジタルプロデューサー
小値賀布美華(おじかふみか)です。



この瞬間に伝えたいことを書く、って決めて
ふわふわ浮くように書いてます。笑



令和になり
びっくりするほど
いろんなことが変化してます。



仕事はひとつから副業解禁とか
終身雇用崩壊とか
年金破綻問題とか
(これはずっとですけど笑)
クラウドファンディングが一般化し
信用経済になり
お金の価値観も変わってきて




固定のオフィスの賃料や
交通費や通勤時間を抑えるメリットもあり
ライフスタイルの多様化に
柔軟に合わせられる
リモートワークが浸透し出して
地方にオフィスを構える企業が増えたり
フリーランスで地方を転々としたり
むしろ家がそもそもいらない、って人もいるし。笑



わたしも、ブランド経営だけでなくて
いろんな仕事に関わらせていただいてます。
自分がオフィスになってる。
アトリエもありながら
わたしはわたしがいる場所がオフィスです。
話して欲しい、って
オファーいただくことも増えました。
どこにいてもいい。
海外でも、もはやいい。笑
そして、そこでの学びもめちゃくちゃ多くて
ブランドに還元できる構造になっていて。




わたし個人として存在するほどに
firandoが知られるチャンスが増える。
昨日の記事に書いた泥臭い、って
こういうことも、それに当たります。
地道な楽しい努力。笑)




なぜ、地方にいても
こんなに自由なのか。


答えはひとつで
失敗の概念を捨ててきたから



新しいものを
ただ恐れずに
そういうのもあるんだ〜
ちょっとやってみよう!
って
受け入れてきたから。




人の心理って
知らないものを「恐怖」と認識します。
危機管理の意識が働いて
分からないもの、体験したことがないものには
潜在的に警報を鳴らすんです。
その道の先
崖かもよ、って。笑
落っこちて大怪我する「可能性」があるから
知らないままにしておこうよ、って
やっちゃうんですよね。




確かに、それはそうなんです。
危機管理も、大事です。
でもそれだって
一歩、一歩
踏みしめて、確認して
ちょっとずつ進んでいけばいいし




例え、途中で転んじゃったとしても
ここをこう行くと
失敗するんだって知ることの価値の方が
ずっとずっと高い。
失敗しないことを優先して
ずっと同じ場所にいても
時代の変化のスピードがこれだけ速い今
気がついたら景色がガラッと変わって
何も選択肢がないことに
その時に気づくより




新しい方法を知ることで
自分の選択肢が増えること
挑戦できる自分への「信頼」が増えること
(自己効力感とも言います)
経験と知識が増えること
その過程の中で知り合う仲間が増えること
得られる財産の方が
圧倒的に多いって気づきます。




経験と、知識と、人とのつながりがあれば
やりたいことができる。
誰かのやりたいことを
応援することもできる。
新しい時代の流れを怖がって
足を踏み出すのをやめていると
知ることができないつながりが
ほんとにあるんです。





そこに必要なのって
「えい!」って
ちょっと勇気出すだけ。
慣れれば普通になるので
勇気が必要なのは、最初だけです。笑
慣れてくるころには
同じ価値観の仲間がもういるので
丁寧にそこに向き合うだけでいいんです。





令和のキーワードって
概念をひとつひとつ
壊したり
疑ったり
ちょっと変えてみるのを
楽しむといい

そんな感じです。

肩書きだっていくつあってもいい
やりたいことにはチャレンジしてみたらいい
簡単に
楽に(行動しない、って意味じゃなくて
得意なことをたくさんやるって意味での楽)
はやく
どんどんうまくいっていい、って
新しい世界を受け入れていくこと
体感してみること。
分からなくていいんです。
行動を変えれば
理解は後から付いてくるから。
(と書いててツイートを思い出す
いつものパターン笑)




理解は後から付いてくる。
無理に理解しようとしても
それは脳レベルでストレスなものだから
ざっくり分かればそれでいいんです。
カラダが分かれば脳も分かる。
そうやって進む方が速い。
わたしのスピードが速いのは
直感的に動いて(右脳を優位に使い)
言葉での理解を後から追いつかせてるから
(左脳を後方的に使う)です。
大きく一歩出すんじゃなくて
小さな一歩を毎日出す感覚です。笑



そこまでしてでも
わたしはふるさとが好きで
大切に手作りしてるスイーツを
日本中に、世界中に
届けたかったんです。笑



平戸、めちゃめちゃいいところだよ、って
知って欲しかったし
スイーツって人を幸せにするよね、って
共有したかった。

一緒に頑張ってくれるスタッフチーム



失敗したくない気持ちより
伝えたい気持ちの方が
圧倒的に強かったんですよね。笑



こんなにおいしいもの
食べたことないって言われるので
プチ贅沢な大人のご褒美に
どうぞ。笑→


平戸の風景の美しさは
市の広報を担当してる天才カメラマンのインスタが
ほんとにほんとにおすすめです。
市内に住んでても
この方の写真の世界にまた癒されてます。笑



https://www.instagram.com/tackie_chan/


と、いうわけで
失敗って概念は捨てましょう、ってことと
令和時代のキーワードって
これまでの概念を破っていくことにあるし
経験することが何より強く
そして本当にやりたいことが拡大してったり
新しい可能性に気づくことでもあるよ、って
伝わったらいいなって思います。
大きな成果をすぐに求めるんじゃなくて
あ、こういう方法もあるんだ!って
視野を広げる楽しさから
始めてもらえたら^^



では、また明日!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP