ブログ

【おすすめ書籍】キラーコンテンツを作る必要がある、と気づかされた本


こんにちは!
firando経営
地方創生デジタルプロデューサー
小値賀布美華(おじかふみか)です。

起業して出会った本
キラーコンテンツを知るきっかけ


私が象徴になる商品
キラーコンテンツを作りたいって思ったのは
起業した年の夏くらいに
この本を読んだことから↓
1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方 (SB新書)
ガトーショコラひとつで
ビジネスを稼働させてるモデルです。
 

ただ、当時は何を象徴にするといいか
材料がなかったんですよね。
順算式→逆算式が
パフォーマンスを上げるコツで
順算式のフェーズが
絶対必要だよねって投稿をしましたが
 

今、MANGETSUを象徴にして
ブランディングしてるのは
なんの根拠もなく打ち出した訳ではなく
この概念がそもそも私の中に
目指した形としてあって
それができるように
象徴になるのはどれなんだろうって
やりきってきたからです。



地方資産ブランディングの言語化を
企業講演のご依頼をいただいた時に
資料にするために起こしたんですけど
この象徴を作り上げるプロセスも
体系化の中に含めてお話しました。
母数がある中の、抜きん出た一つを
ピックアップして、
物語と掛け合わせていくことです。
これが地方資産ブランディングの強さ


競合しない唯一無二のポジションは
地方と言うだけで確立されます。
弱みだと思っていたものって
実は強みに書き換えられる。

 
ずっとずっと考え続けてる。
呼吸のように考え続けてるし
考えたことは言語化して表現してる。

弱者が強者に勝つ。
これってランチェスター経営術なんですよ。
3年越しで正体がわかるなぁ。
私も隙間で読み返したくて電子版を新しく購入。
この本、おすすめです😊

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方 (SB新書)



ブランディング、
象徴になるキラーコンテンツ(看板商品)作り、
メディアPR設計の総合プロデュースの依頼は
CEOprojectにて承ります。
 


では、また!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP