ブログ

【永久保存版】オフライン商品そのまま=トラブル源。ネット通販チェックリスト10

こんにちは!
firando経営
地方デジタルプロデューサー
小値賀布美華(おじかふみか)です。

オフライン商品そのままで
ネット通販はできません



コロナでネット通販に乗り出す
地方小規模ビジネスのみなさんは多いですが
ネット通販を軸に事業展開し
2ブランド経営をしている方から見ると
「その商品、梱包では
クレームになる可能性大」
というケースが、非常に多い。


ネット通販には、ネット通販の
必要条件があります。
その前提で開発していないものを
ネット通販が必要になったからと
そのままの仕様でお客様に送るのは
トラブルの素です。


ここでは通販の配送に特化して
細かなチェックリストを公開しますので
ぜひ取り入れてください。



永久保存版
ネット通販チェックリスト10



  1. 配送過程の衝撃に耐えられる梱包か(大型トラックは想像以上にバウンドします。衝撃で破損があっては、返送料や人件費のコストがかかり、損を生みます。)
  2. 配送過程で品質に変異が起こらないか(出荷時にはキレイな状態でも、お客様の手元に届いた時に、劣化が起きてしまうと信頼を損ないます。)
  3. 梱包費用、人件費を含めた適性な価格設定を行っているか(梱包資材は値上がり傾向です。管理を怠ると利益を圧迫します。)
  4. 上下逆さまを防ぐ必要はないか(配送会社の職員さんも人間です。上下逆に置いてしまう、縦置きしてたくさん荷物が乗るようにするなどもあります。事前に対策を。)
  5. 賞味期限は、お客様の手元に届いて充分な期間を保証できるか(その日に使わないと廃棄、では、不便で選ばれないケースが多いです。それを魅力、希少性とするなら、強みとして明確に打ち出すなど、相応な施策を。)
  6. 破損時の対応マニュアルを用意しているか(破損時、状態を確認する必要があります。お客様から問い合わせがきたタイミングで、商品の状態確認、撮影のお願い、画像をいただく、配送業者に連絡し、どこにトラブルがあったかを早急に解明する、お客様に対応をご説明するなど、0ではない事故対応のマニュアルが必要です。)
  7. 顧客の家族構成に合う量になっているか(多すぎても、少なすぎても、競合に負けます。顧客ニーズにフィットする規格、内容量になっているか、お客様のライフスタイルに合う商品開発ができているか、チェックを。)
  8. 受注から何日で配送できるかを提示しているか(即日対応がスタンダードになりつつあります。できる、できない、の明確な提示が必要です。)
  9. お届けの日付、時間指定はできるようにしているか(お客様が荷物を受け取るまで家を離れられない、配送業者に負担をかけてしまう状態は、最小限に。)
  10. 衛生状態のチェック、検品、配送先、依頼主、受注明細書、包装、熨斗紙、指定日、指定時間などのチェックを行っているか(多くの商品を届ける繁忙期になるほど、チェックが甘くなりがち。生産から発送まで、細かすぎるほどのチェックをしていても、起こってしまうトラブルもあります。チェックなしでは、トラブルの山です。)




これは実際に、私が経営する
2つのブランドで行っているものです。
さらにコロナで、毎朝の検温も加わってます。


ネット通販には、配送がつきもの。
その中で、確実であるためには
必要条件を理解し
きっちりチェックを行い
安定供給を保証し
いつ頼んでも大丈夫、という
日々の信頼を積み重ねることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブランディング、
ホームページ総合プロデュースなど
小値賀布美華に対するご依頼は
講演、セミナー
ブランディング、デジタル戦略については
こちらをご確認の上
お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小値賀布美華 運用メディア

Facebook→ Twitter→ Instagram→

firandoオフィシャル→ Twitter→ Instagram→

心優-CotoyuSweets-オフィシャル→ Twitter→ Instagram→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP