ブログ

【マーケティング戦略】前年比200%超!「売れる傾向」を読み取る方法

こんにちは!
firando経営
地方デジタルプロデューサー
小値賀布美華(おじかふみか)です。

前年比200%超!
「売れる傾向」を読み取る方法



コロナ、各地で大きな被害を受けている
長雨の影響がある中
イオン九州様が展開する
夏ギフトカタログに
経営するブランドのひとつ
昨年から出品させていただいてます。
その商品、キャラメルブリュレ
中間報告前の時点で
すでに前年比200%を超えました。


ここで
どんなマーケティング戦略を行ったか
具体的なシェアをしていきますので
参考になれば幸いです^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、市場や顧客を把握・分析した上で、自社が提供する商品(製品)・サービスをどのようにアプローチするかを策定・実行するための戦略を指します。 具体的なマーケティング戦略は多くの識者によって数多く提唱されており、資本規模や取り扱う商品(製品)・サービス、業界に応じて実施する内容が異なります。
BizHintより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



必ず「売れる傾向」がある



まず、1年目の夏・冬ギフトを終えて
データを見ながら
担当者の方との
打ち合わせの時間を取りました。


重点を置いたのはこちら


  • 夏と冬ギフトの選ばれる「価格の違い」
  • 売れている商品の「販売条件」



主な項目は上記の2点。
これをより細かくヒアリングしていき
導き出した仮説が、こちら↓


『夏ギフト価格<冬ギフト価格』

『以前と比較して
イオンギフト全体の
購入単価が上がっている』

『百貨店で購入していた方が
イオンギフトを利用するようになった
可能性があり
高単価、高品質(健康志向)なものの
ニーズが高まっていると推測できる』

『夏ギフトは早割利用の後も
シーズンの終わり際まで、ニーズは続く』

『冬ギフトは、早割が終わると
その後の受注は
夏と比較して止まる傾向がある』


これらの
「変化したお客様のライフスタイル」が
見えてきました。
上記を踏まえて
商品内容を見直し
売れている傾向に改善して
2度目の出品をしたところ
中間報告前の時点で
前年比200%を超える結果に。


つまり
「売れる」という結果は
「お客様のニーズにフィットして」起こり
データから、

お客様のライフスタイルを読み取り
仮説として立てた「売れる傾向」を
商品提案に変えていけるか
、です。




マーケティング戦略
=情報から思考する戦略



黙っていても売れる時代は
終わりました。
必要とされるタイミングで
必要とする量を
お客様にとって
快適な購入方法を用意して初めて
売れる、という時代に変わったことを
誰でも気づいてます。


情報を読み解く力が必要で
それが
マーケティング戦略です。
商品をお客様のニーズに
フィットさせる力ひとつで
結果はこうしてがらりと変わります。
マーケティングってこうして
丁寧に販売に向き合う力です。
横文字に騙されちゃだめ。笑



では!

ブランディング、
ホームページ総合プロデュースなど
小値賀布美華に対するご依頼は
講演、セミナー
ブランディング、デジタル戦略については
こちらをご確認の上
お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小値賀布美華 運用メディア

Facebook→ Twitter→ Instagram→

firandoオフィシャル→ Twitter→ Instagram→

心優-CotoyuSweets-オフィシャル→ Twitter→ Instagram→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP